スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06 1歩

 知美が帰るやいなや……ずっと気になってたキッチンカウンターの上のそれを掴む。
 勿論、PHP出版からの速達便だ。
 これほどまでに心待ちにしてた状況がやっと揃った。さぁ?今度こそは見てやるぞぉ??!よし来い!
 迷わず封筒の中のハガキを取り出し、、これは、さっき確認済みだ。
 残り2枚の用紙を広げてみた。
「……………」
 しばらく比沙子は、動けないでいた。
 しばらくして、わなわなとリビングのソファーにしゃがみ込むと、もう一度手紙に目を通してみた。
 自然と体が熱くなってくる。持っていた手紙にポタポタと雫が落ちた。
 目から溢れた涙は、掌で涙をぬぐってみても、後から後から次々出てくる。
 涙でグチャグチャな顔をして、嬉しくて、嬉しくて、信じられなくて、両手で顔を覆う様ににして、震えながら泣いた。
「やった……」
 先日投稿していたエッセエイが、掲載してもらえるとの知らせだった。
 掲載をするにあたっての本人確認のための返事をハガキに書いて送り返すらしい。
 まだ本ではないが、活字にはなった。短くて少しだけの文章ではあるが、それでも確かに自分の気持ちが文になった。
 そして、もう1枚の紙は、比沙子の文を本に載せた時の構成文の見本が仕上がっていた。
 その短い原稿1枚分の文章を、何度も何度も紙に穴が空くほど読み返してみた。読んで、また涙が溢れてくる。
 頑張ってて良かった。自分のしてた事は、決して無駄なんかじゃないんだ。改めて思った。
 涙だらけの顔を上げ、これからももっともっと頑張らなきゃ!
 この嬉しい出来事が、さらなる比沙子の闘志に火を付ける。こんなに気持ちの良い涙を流したのは、いつ振りだろう?
 夢ってのは、ドンドン大きくなって、気づけば化けモンみたいにでっかくなる。
 遠ければ遠いほど追いかけたくてたまらなくなるし、その追いかけてる今が、苦しいんだけど、めっちゃくちゃ楽しいんだ。
 最初は、実家で見たあの1枚の切り抜き記事から始ったんだよな。
 あの日から、比沙子は一生分の楽しみを楽しんでいる気がしてならない。
 それまでなら、何気に見逃していただろう風景や、会話や、自分の思いも、今はどれもが物凄く大切な出来事で、経験で……。
 その瞬間、瞬間ってのを忘れない様に、流されない様に書きとめておくことが、こんなにも楽しくて自分に力をくれて、しんどいんだけど、元気をくれるってか、説明すっとメチャクチャだけど、これが今の正直な気持ち。
 毎日、毎日、いろんな栄養を食べて、その栄養を自分の血や身にして、毎日生まれ変わってるんだ。
 昨日の自分と今日の自分は確実に違うように、今日の自分と明日の自分も又違うだろう。
 だからって、昨日の自分も、今日の自分も、明日の自分も全てが大事で、その瞬間瞬間に思った気持ちとか、感じた事のどれもが大切なんだ。
 同じ経験でも見る角度によって全然違って見えるんだよなぁ
 こんな事無駄かなっと思ったり、やっぱり無駄なんかじゃないんだって思いなおしたり。やっぱり楽しいよ。
 明日は何が起きるかな?なぁ?んてな。泣きながら比沙子は笑顔になった。
「そうだ! 実家に報告しなきゃ……」

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

ともおかん

Author:ともおかん



料理まぁまぁ好き。
風水を出来る範囲でやる。
懸賞が大好き。
も結構好き。
もまぁまぁ好き。
節約に命かけてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。