スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15 レストランで…

 バックギアに切り替え慎重に少しずつ、クルマは白線内にピッタリ納まった。
 その後すぐ、佐倉ちゃんもレストランに到着。
 2人は同時にクルマから降りる。
 「タイミング、バッチリやったなぁ」
 「うん、あぁ?お腹空いたぁ。早くお店の中に入ろう」

 「ほんま今日は、約束してて良かったわぁ」
 佐倉ちゃんは、そう言ってウーロン茶のストローに口を付けた。
 「もし、あの時電話してなかったら、今こうして会えてなかったもんなぁ」
 「そうやなぁ。今日は会える運命になってたんかなぁ」
 「そうかも……。 あの時、電話のタイミングが少し早かったら話中になってたと思うよ」
 「そうなん?」
 「うん。それまで他の人と電話してて、しばらくして又電話が鳴って、それが佐倉ちゃんからだったんやで」
 「そっかぁ。運命って凄いなぁ」
 「ホンマやぁ」
 そう言って比沙子は、出来立ての温かくてふわっとしたカツ丼に箸を付けた。
 「美味しい!」
 
 「久しぶりやわぁ。外でご飯食べるの……」
 嬉しそうな佐倉ちゃんを見て、つられて比沙子も笑った。
 「通院日じゃなくても、たまには一緒にご飯だけでも食べようよ」
 「それ良いなぁ」
 「うん。約束」
 「その為には、お互い入院しないように頑張ろう!」
 「わかったぁ! なんか頑張れる気がするわぁ」
 「私も!」
 相変わらず居心地の良い佐倉ちゃんの雰囲気にホっとして何処からともなく又元気が出てきた。
 カツ丼を食べ終えた後、2人はメニューのデザートも眺める。
 うぅ?ん、フルーツロールとモンブランどっちにしよう!?

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

マジ最高につまらない。。。

「マジ最高につまらない。。。」の書き込みしてくれた方へ

訪問&書き込み ありがとうございました♪
プロフィール

ともおかん

Author:ともおかん



料理まぁまぁ好き。
風水を出来る範囲でやる。
懸賞が大好き。
も結構好き。
もまぁまぁ好き。
節約に命かけてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。