スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22 図書館で

 そうだぁ! 図書館に行ってみよう!
 書籍化されている多くの本から学べる事もきっとありはず。
 片付けも一段落した所で、さっそく比沙子は玄関を出て自転車を出した。
 力強くべダルを踏み、図書館へと走りだした。
 道路では、多くの車や人が行き交っている。
 どの人も、それぞれ目的があり、それに向かって進んでいる。
 自分も……比沙子の心は希望に向かって輝いていた。
 さらに強くペダルを踏みしめる。
 風が比沙子の顔に返事する。

 平日だと言うのに、結構多くの人が利用し黙々と読書している。
 静かな落ち着きのある雰囲気が、時間をゆっくりに感じさせる。
 比沙子は、棚一杯に並べられた本の中から電話をくれた出版社の本を探してみた。
 そうして見つけた2冊を手にし、表紙をめくる。
 一枚、また一枚ページをめくって行く内に……。
 そこには、いつも何気に見ていた『もくじ』が現れる。
 これかぁ!
 この本を書いた著者も、一杯考えて搾り出して書いたのかな?
 比沙子は、今まで軽く見流してきた事を少し反省した。
 本の雰囲気は、今までとは違ってみえた。
 
 その後も、適当に何冊か選び出し、カウンターへと向かう。
 「返却は25日までとなります」
 「はい。ありがとう」
 それらの本を袋に詰め、図書館を出た。
 自転車のペダルに足をかけ。
 はたして自分の行動は本当にこれで良いのか分からない。
 分からないけど、自分が思いついた分だけ、少しずつ進むしか……。
 自分が進んでいるのかさえも分からないけど……。
 それでも良いかな? 良いよね。
 比沙子は自分自身に確認し、自宅へと自転車を走らせた。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ともおかん

Author:ともおかん



料理まぁまぁ好き。
風水を出来る範囲でやる。
懸賞が大好き。
も結構好き。
もまぁまぁ好き。
節約に命かけてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。